2006年03月14日

05.ノアゼールその1

 ここは、ローレシア大陸の北西に位置するミラン・ヤマ王国。精霊のふるさととも呼ばれる美しい地形がそこら中で見られる国だ。それは逆に人間が済むには不向きな土地が拡がる事を意味する。険しい地形が国土の大半を閉め、大きな湖がある。カルーア湖だ。これらは人間に大きな恵みを与えてくれるが、可住地は国土のわずか1割に満たない。しかも実際に街と呼べるものはこの王都ミランと副王都ヤマだけだろう。そもそもこの国の王都は代替わりするごとに遷都される。その王に選出した部族の居住地に近い方が王都ととして選ばれる。そしてミランとヤマは全く同じ構造をしている双子都市でもある。勿論細部は長年使用された民によって代わっているものの大部分はほぼ同じである。副王都には王族の直系の家族が住まうのが習いである。後は集落と呼ぶ程度のものだ。とはいえ、この国は困窮している訳ではない。昔から民は放浪して生きてきた。あくまで集落は仮の宿のようなものだ。街に済む定住するものの方が少数である。それらの集落は150余りが確認されている。それらは部族で構成され、その部族の族長がこの国では貴族であり、政治を司る。つまりこの国は各部族の連合国家である。部族長会議によって全てが決まる。続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。